※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー09

診断時:60歳
インタビュー時:60歳(2008年5月)
東海地方で妻と2人暮らし。定年を迎え、海外シニアボランティアになるために2007年秋に受けた健康診断でPSA値が9.1と出た。地元の開業医では3ヵ月後に再度受診といわれたが、不安になって泌尿器科の専門病院に行って生検を受けたところ、前立腺がんと診断された。手術件数の多い病院に転院して、2008年1月に前立腺全摘術とライナックを用いた放射線療法を受けた。妻も同時期に乳がんの診断を受けている。

詳しいプロフィールを見る

――あとやはり前立腺がんの方の掲示板なんかでこう情報交換されていて、特に他の方の体験でこういうことがご自分の今までの中で特にこういうことが知りたくて、こういう掲示板で聞いたっていうことってどんなことがありますか。

やはりあの、PSAの推移ですね。時間と共にどのように変化してどうなっていくのか。上がったときはどういう理由づけがされたとか、そういうところですね。だから手術直後に下がる、PSAがほぼ0になる人とならない人の2種類おるわけですけれども、0になった人はそれで前立腺がなくなって完璧に治ったわけですけど。0にならない人ですね、こういう人のもまあいろいろ見ていて、非常に教えてもらってですね、放射線の場合は下がるのに時間に 遅れがあるんだっていう情報も得てですね、そういうのを聞くと安心しますし。そういう、なんていうか手術、ホルモン療法、あるいはあの、放射線によってですねPSAの変位が違うという情報を得るっていうことは非常に安心感がありますね、これは非常によかったと思っております。それぞれの人がみな見えるもんですから。

――放射線の場合はどのくらいの時間の差があるんですか。

だいたいみなさんの場合だと3ヶ月、早い人だと2ヶ月ぐらいから下がりはじめる、後から、放射線してからですね。3ヶ月4ヶ月後から下がる人もいるし、中には1年後から下がる人もいるし、そのへんが大分とタイムラグが。人によってまちまちなんですよ。私の場合ですとだいたい2ヶ月ぐらい遅れて下がってきたんですけど。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12178 (17) { ["term_id"]=> int(86) ["name"]=> string(42) "治療経過にともなうPSA値の変化" ["slug"]=> string(8) "psahenka" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(86) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(67) ["count"]=> int(17) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "0" ["cat_ID"]=> int(86) ["category_count"]=> int(17) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(42) "治療経過にともなうPSA値の変化" ["category_nicename"]=> string(8) "psahenka" ["category_parent"]=> int(67) } }
同じテーマの語りを見る