※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー09

診断時:60歳
インタビュー時:60歳(2008年5月)
東海地方で妻と2人暮らし。定年を迎え、海外シニアボランティアになるために2007年秋に受けた健康診断でPSA値が9.1と出た。地元の開業医では3ヵ月後に再度受診といわれたが、不安になって泌尿器科の専門病院に行って生検を受けたところ、前立腺がんと診断された。手術件数の多い病院に転院して、2008年1月に前立腺全摘術とライナックを用いた放射線療法を受けた。妻も同時期に乳がんの診断を受けている。

詳しいプロフィールを見る

手術をした結果、手術で取り出す前立腺を詳しく調べてみたら、浸潤があったということで、これについては先生もですね、MRIで見つかる人もおるし、見つからない人もあると。今回のMRIにおいては前立腺外に出てるという、浸潤しているという状態っていうのは映ってないと。これはやむをえないということで、それも私納得しました。それであの、そこでグリーソンスコアの9、というものがどういうものであるかも非常に詳しく説明してくださいまして、高分化がん、中分化がん、低分化がん、それぞれどういうようなものであるかということを。これにおいて対応するのは放射線を当てると副作用があると。非常に副作用があるし、1ぺん当てたところには二度と当てることはできない。そういうことでですね、慎重に選ばなければならないんだけど、どうするかということを言われまして、もし浸潤したところからがんがそこで転移していくことになっとるといかんもんで、早くやれば、むしろそっちのほうが…どっちのリスクを取るかということで、放射線をするということを選びました。それは、先生はそれぞれのリスクを話してくださいました。それでどちらを選ぶかということを。それで私はもう放射線のときも、すぐやってくださいと。例えば1週間2週間おいてでもいいよということをおっしゃったんですけど、よく考えてからってことをおっしゃったんですけど、「いやもう、すぐやってください」ということで、すぐ入院しとる最中にやってくださいました。そういう意味ではせっかちなところがあるもんですから。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12177 (17) { ["term_id"]=> int(80) ["name"]=> string(39) "放射線療法(外部照射療法)" ["slug"]=> string(10) "gaisyousya" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(80) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(66) ["count"]=> int(24) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "7" ["cat_ID"]=> int(80) ["category_count"]=> int(24) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(39) "放射線療法(外部照射療法)" ["category_nicename"]=> string(10) "gaisyousya" ["category_parent"]=> int(66) } }
同じテーマの語りを見る