※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー09

診断時:60歳
インタビュー時:60歳(2008年5月)
東海地方で妻と2人暮らし。定年を迎え、海外シニアボランティアになるために2007年秋に受けた健康診断でPSA値が9.1と出た。地元の開業医では3ヵ月後に再度受診といわれたが、不安になって泌尿器科の専門病院に行って生検を受けたところ、前立腺がんと診断された。手術件数の多い病院に転院して、2008年1月に前立腺全摘術とライナックを用いた放射線療法を受けた。妻も同時期に乳がんの診断を受けている。

詳しいプロフィールを見る

生検というのは1泊2日の入院検査になるわけですけど、入院検査で下半身麻酔をかけまして。で、病院によって違うんですけれど、私の病院では12カ所から前立腺に針を突っ込んで、細胞を採ると。その12の細胞の中がどういう状態にあるかを、がん細胞があるかどうかを調べると、そういう検査です。1泊2日です。

――痛みとかはいかがでしたか。

あの、手術中は痛くなかったんですけど、下半身麻酔のせいで。翌日、やはり痛みは感じますし、退院してきたあともちょっと血尿も出ましたし、まあそういう状態で。ですけど、そんなにひどいものではありませんでした。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#11077 (17) { ["term_id"]=> int(70) ["name"]=> string(24) "診断のための検査" ["slug"]=> string(5) "kensa" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(70) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(8) ["count"]=> int(21) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "2" ["cat_ID"]=> int(70) ["category_count"]=> int(21) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(24) "診断のための検査" ["category_nicename"]=> string(5) "kensa" ["category_parent"]=> int(8) } }
同じテーマの語りを見る