※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー26

診断時:74歳
インタビュー時:77歳(2008年9月)
九州地方在住で、妻と死別し、息子と2人暮らし。10年ほど前に定年退職した。2006年11月、頻尿で夜5~6回もトイレに行くようになったため、かかりつけ医に相談したところ、大学病院に紹介され、そこで血液検査を受けて前立腺がんと診断された。年齢から考えて手術は避けた方がいいという医師の勧めに従って、小線源療法を受けた。PSAの値はその後順調に下がって、術後1年半で0.5になっている。

詳しいプロフィールを見る

説明のときには、あの、家族全部、従兄弟も兄弟もみんな来てくれました。

―― そうですか。

それであの、そしたらもう、放射線(治療)のほうが一番体をいたわっとるんじゃなかと。っていうことで、みんなのあれでそういうふうになりました。

―― そうですか、じゃあ本当に家族、ご家族みんなのサポートがあって、そのような…。

自分自身はやっぱよう説明を聞いたつもりですけど、ああ、そこはそうじゃなかった、こうやったやろとか、妹から言われました。やっぱ本人はぽーっとしとったよねって言われました。それで、あ、妹たちが説明を聞いていて、そして放射線のほうになった。
聞いたつもりで自分はおったんですけど、やっぱり聞いてなかったんだなあと、あー、これもあったかなあというこれ、がありましたね。ですから聞いたときに、やっぱし頭が真っ白になったという感じで、して「はい、はい」って返事はしてたんですけど、あのー、納得してなかったんですね。あれは、妹がこんなとも先生が言うとらしたかね、こうて言うとらしかねって、妹から注意されて、ん、あったよあったよぐらいで、自分自身はもうはいはいだけで。

―― じゃあそういう意味で一緒に来てくれたのはよかったですね。

はい。それは全部一緒に来てくれたので、ほんと力強かったです。家内がいませんので、親戚のが全部…。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#11077 (17) { ["term_id"]=> int(91) ["name"]=> string(36) "家族の思い、家族への思い" ["slug"]=> string(6) "kazoku" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(91) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(68) ["count"]=> int(32) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "3" ["cat_ID"]=> int(91) ["category_count"]=> int(32) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(36) "家族の思い、家族への思い" ["category_nicename"]=> string(6) "kazoku" ["category_parent"]=> int(68) } }
同じテーマの語りを見る