※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー26

診断時:74歳
インタビュー時:77歳(2008年9月)
九州地方在住で、妻と死別し、息子と2人暮らし。10年ほど前に定年退職した。2006年11月、頻尿で夜5~6回もトイレに行くようになったため、かかりつけ医に相談したところ、大学病院に紹介され、そこで血液検査を受けて前立腺がんと診断された。年齢から考えて手術は避けた方がいいという医師の勧めに従って、小線源療法を受けた。PSAの値はその後順調に下がって、術後1年半で0.5になっている。

詳しいプロフィールを見る

手術はもう2時間でさっさと済んでしまった。だから前立腺そのものは「あら、これで済んだのかな? 」って感じだったんです。その…その前の尿道のあれ(カテーテル)が痛いって感じやったですね。
あの、放射線(源)の本数は何本か忘れましたけど、頭の中ではもう「うわー、そんなに多く」って。何10本か何100本か、それがあまり頭にないんですけど、「わー、そんなん打ち込んでいいのかな? 」っていう数だったと思います。今いくらだったか忘れてしまいましたけど、それを打ち込んでもらって、大丈夫かなということやったですけど、今度はレントゲンで見せてもらって、本当に理想的にきれいに入っているっつうことで、これでいいということだったもんですから、その写真を見て安心しましたけど。
もう数字は忘れましたけど、すごい数がきれいにこう、菊の花みたいにこう、入ってるんです。

――ちょうどその前立腺を全部覆うような?

前立腺に全部こう、入ってるんですよね。

――丸い感じですか、菊の花って。

なんか花火みたいにこう、いっぱい、いっぱい隙間なく入っていました。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#11077 (17) { ["term_id"]=> int(81) ["name"]=> string(42) "放射線療法(組織内照射療法)" ["slug"]=> string(6) "buraki" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(81) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(66) ["count"]=> int(19) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "6" ["cat_ID"]=> int(81) ["category_count"]=> int(19) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(42) "放射線療法(組織内照射療法)" ["category_nicename"]=> string(6) "buraki" ["category_parent"]=> int(66) } }
同じテーマの語りを見る