※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー24

診断時:76歳
インタビュー時:78歳(2008年9月)
診断を受けたときには九州地方の離島に在住。健診をきっかけにがんが見つかり、2007年の夏に同一県内の大学病院で密封小線源療法を受けた。現在は2ヵ月半から3ヵ月に1回、検査を受けるために島から高速船で通院している。妻と2人暮らし。自立している二人の娘が遠方にいる。

詳しいプロフィールを見る

娘たちにはもう、前立腺がんやということをはっきり、言うてますけどね。

―― ご家族との関係がそれでこう変化があったっていうのはありますか、何か。がんっていうことを伝えたことで、娘さんの、との、そのなんていうか関係だったりとか、奥様との関係とか。

いや、それはないです。ただ最初、最初のうちは、病人扱いにしとったけどな。

―― 病人扱い。

(笑)だけどこのごろはもう、普通の人間やて、何、言い方がおかしいけど、そういうふうな考え方持ってるんと違いますかな。
うーん、まあ、前立腺(がん)をやってしまって、なおかつ病院に行ってるんやから、ほんで、ましてやこの間テレビで見て、がんいうもんは治らんと、そういうふうに言うてるわいうて、あのー、まあ(自分と妻と)2人しかおらんのやからな。まあ娘たちにはあの、まだ言うて、言うてませんけどな。その娘たちは結局、その、小線源の治療をしたから、完治するもんと思うてるんですね。だけど(がんが治らないと)知ってるのは家内と私だけなんで、もう、がんいうのは(完全には)治らんと。ただ、やってる(治療を受けている)のは、私1人じゃなくて、みんな、がんいうものは、その、大きくはなって…ちいさ…小さくはなってても、その完治することはないと。そのことだけなんですわ。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#11077 (17) { ["term_id"]=> int(91) ["name"]=> string(36) "家族の思い、家族への思い" ["slug"]=> string(6) "kazoku" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(91) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(68) ["count"]=> int(32) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "3" ["cat_ID"]=> int(91) ["category_count"]=> int(32) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(36) "家族の思い、家族への思い" ["category_nicename"]=> string(6) "kazoku" ["category_parent"]=> int(68) } }
同じテーマの語りを見る