インタビュー内容テキスト

医師から治療について、いろいろと説明を受けました。ホルモン療法とか放射線とか、摘出とか、前立腺のね。ただし今の段階では、そんなにねえ、PSAが高いわけでもないから、どういう方法がいいかということは、放射線治療か、ホルモン療法になるのか、それは今後の経過をみてということになりますねと。とりあえず希望を聞かれましたから。まあ、放射線治療がわたしとしては望ましいという話を医師にしました。それで医師のほうから、大学病院を紹介されまして。で、大学病院の泌尿器科の教授の診断を受けたときに、「この状態であるならば、放射線まだいいでしょう」と。「希望分かるけれども、わたしとしては、経過観察で十分です」と。「前立腺がんというのは、成長が遅いですから。ですから、今の年齢からいっても、10年くらいは、このPSAの数値であるならば、10年くらいは経過観察で十分です」ということ…の説明を受けましてね。それでまあ、一応ほっとしたっていうのが実感ですね。
まだ、4か5くらいでがんが出たっていうのは、ほんとに初期だろうと思っていましたしね。で、骨シンチをやって、全然転移もないということでしたから。初期のがんだというふうに、わたし自身は思っていましたね。うん、で、大学病院で、「経過観察で十分ですよ」と言われたから。ああ、なるほどなと納得しましたよ。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言