インタビュー内容テキスト

「経過観察で十分です」って言われたんで。もう安心しましたね。ということは、成長が遅いということは、もう、知識として頭の中にありましたからね。何回も聞かされて。それで、「経過観察で十分ですよ」と言われたっていうことは、非常に安心しましたね。その時点で。放射線受ければ、あの、後遺症が出るっていうことは、もう認識していましたからね。いろんな面で、後遺症があるということも理解していましたしね。ホルモン療法だって、いろいろと後遺症がね、あるのも分かっていましたしね。うん、ですから経過観察が何よりだなと。経過観察で、ねえ、今すぐ命を奪われることもないなということが分かりますしね。もう、ほんとに安心しましたよ。
今、ずっと経過みていてね、まあそんなに、排尿で苦労するわけでもないし。で、PSAもそんなにね、増えていかないし。今もう、何にもこのがんに対する恐怖なんては全くないですね、今。これで、胃がんとか、ねえ、肺がんとかだったら、こんなにのんきなことは言ってられませんよね。これ前立腺がんだからだとわたしは。自分自身では、なぜ、こんなに…。自問自答していますよ。何でこんなに安心しているのかなと。ま、前立腺がんというのは、成長が遅いんだと。ねえ、わたし比較的遅く発生ですよね。71歳のときですからね。がんが発生したというのは、告知されたのが。ですから、経過観察で10年は大丈夫だと、大学病院の先生に言われましたから。そうすると、81ですよね。そしたら、何も治療しなくても、このままで、ねえ、何もしないで十分だと、平均寿命を超えるという妙な自信みたいなものが、そんときありましたね。うん、ですから、これはもう前立腺がんで、死ぬ前にほかの病気で、老人病で、ほかの病気で死ぬほうが早いという、今そういう認識です。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言