※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー47

診断時:70歳
インタビュー時:72歳(2009年2月)
診断を受けたときには、近畿地方在住で、妻と2人暮らし。2006年秋、健診でPSAが5.6と出たので、近隣の公立病院で精密検査を受け、がんと診断された。この病院では手術を勧められたが、小線源療法を希望して受診した大学病院では、様子を見るよう勧められた。迷ったが、大学病院の医師に信頼を感じて、待機療法を選択。現在は1ヵ月半に1回通院しながら経過を見ている。子どもたちが孫とともに近くに住んでいる。

詳しいプロフィールを見る

「がんはがん」と。「しかし、まだ良性(のタイプ)だ」と。「だからこのまま、あなたの今の年齢は70歳だから、75まで辛抱して付き合えたら、もうそれで手術しなくてもいいんだ」と。「だから、これからお友達になって長く生きましょうね」と。「お友達ですよ」と言われたその言葉が私…私にとってはものすごく嬉しくって。そして、またいわゆる…安心というんですかね。そういうものを与えてくれたと思うんです。まあその辺がね、人それぞれによって悲しくなるんか、嬉しくなるんか、ちょっと分かりませんが、僕は後者のほうでね、嬉しかったです。はい。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12179 (17) { ["term_id"]=> int(84) ["name"]=> string(24) "監視(待機)療法" ["slug"]=> string(5) "taiki" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(84) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(66) ["count"]=> int(8) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(2) "10" ["cat_ID"]=> int(84) ["category_count"]=> int(8) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(24) "監視(待機)療法" ["category_nicename"]=> string(5) "taiki" ["category_parent"]=> int(66) } }
同じテーマの語りを見る