※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

インタビュー時年齢:40代(2019年8月現在)
障害の内容:聴覚障害(ろう)
学校と専攻:大学・心身障害学(1991年度入学)

関西地方在住の女性。両親と妹、弟の5人家族。5歳の時の高熱のあと聞こえなくなった。小中高は普通校に通い、とにかくしっかり勉強をしようと努力していた。大学は、心身障害学を学べるところを選んだ。大学に入ってろう者の先輩に会い、手話を覚えて世界が大きく広がり、その後大学院に進学し、アメリカへの留学も経験した。現在は研究者で、障害学生支援の仕事をしている。

結局、何がどこまでできるのか、限界をつくるのも自分自身だし、自分が限界をつくらなければ、どこまででも乗り越えて進むことができるものだと思います。

また、自分が意識をしていなくても、それまでの経験の中で自然に自分に限界を設けているようなことが多いのかなと思います。自分以外の障害を持つ人の生き方とか考え方もたくさん経験してほしいと思います。

これは無理だなみたいに思ったことでも、勇気をもって乗り越えてやってみようというチャレンジ精神を大事にしてほしいと思います。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧