※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

インタビュー時年齢:40代(2019年8月現在)
障害の内容:聴覚障害(ろう)
学校と専攻:大学・心身障害学(1991年度入学)

関西地方在住の女性。両親と妹、弟の5人家族。5歳の時の高熱のあと聞こえなくなった。小中高は普通校に通い、とにかくしっかり勉強をしようと努力していた。大学は、心身障害学を学べるところを選んだ。大学に入ってろう者の先輩に会い、手話を覚えて世界が大きく広がり、その後大学院に進学し、アメリカへの留学も経験した。現在は研究者で、障害学生支援の仕事をしている。

以前の日本では手話に関する学術的な研究というのがまだ少なかったのです。はじめは(日本の)修士論文で手話の音韻論的な分析をしようと思っていたんですが、行き詰って、このままではまずいと思って。で、(アメリカに)留学中に手話言語学の勉強をしたりとか、あとはASL(American Sign Language:アメリカ手話)のクラスの聴者の人たちが、ゼロの状態からASLを習得していく様子を見たりとかしながら、研究のヒントのようなものを得て…、認知レベルでの手話の習得と分析っていうのも面白いのではみたいに思って帰ってきて、それでもう(留学前とは)まるきりテーマを変えて、博士論文につなげたという経緯があります

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧