※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

インタビュー時年齢:29歳(2021年8月)
障害の内容:内部障害(卒業後に線維筋痛症と診断された)
学校と専攻:大学・文学部(2012年度入学)

関東地方出身の女性。入学当初は元気だったが、1年生の秋から体に痛みが出始め、様々な医療機関にかかるも2年生で徐々に症状が悪化して、3年生で休学した。休学3年目に大学と相談してオンライン授業で復学し、一時は通学もしたがやはり体力的に難しく、再度の休学を挟んで2020年3月に卒業した。卒業後に、病名が分からない人を診ている医療機関で線維筋痛症と診断された。

実は「線維筋痛症の友の会」っていう、線維筋痛症の方がやってらっしゃる、患者会なのかな、月に2、数カ月に1回冊子送ってくれて、ときどき患者会をやったりとか、線維筋痛症を診てらっしゃる先生と一緒に講演会をやったりとか、病気の知識を深めるための講演会やったりとかっていうのをやってる患者の会があって、そちらにはこう参加してて。1回だけその講演会のほうにも去年足を運んだりはしたんですけれども、私自身、そういうところに行って、皆さんを励ますことができたらと思う気持ちもある一方で、やっぱり暗い雰囲気なんじゃないかなっていう気持ちがありまして。
去年患者会行ったときも、やっぱり皆さん、私よりも重い症状の方が多くて、皆さん先生のほう、お医者さんにすごく熱心に相談してらしたんですけど、私、こんなに、実際私はちょっとずつ良くはなってきてて、ただ、ほかの方はもう何年も、何十年も線維筋痛症で悩んでて、もうどの薬飲んでも効かなくてっていう感じで暗い面持ちで患者会とかその講演会に来てらしたので、ちょっと私良くなってるし、割と能天気なので、なんかそういう人たちからしたらちょっと疎ましい存在なんじゃないかなっていうふうな不安もあったり。実際私が行って、その人たちに何かできることあるのかな…私の言葉がちゃんと受け取ってもらえるのかな、気持ちがあるので、あんまり熱心に線維筋痛症の当事者の人とコミュニケーションしてないと、感じですね、今は。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧