インタビュー内容テキスト

私はほんとに淡々としていたと思います。そのときは衝撃らしいものもなかった。それが悪性腫瘍で治療が必要だと告げられたときも、泣きもしなかったと思います。
それから家に帰らなければならなくなって、落ち込みはじめました。心配になってきたのかもしれません。夫に話さなければならなかったのですけど、非常に詳しくは話しませんでした。手術のずっとあとになって夫が癌だったのかと尋ねたくらいですから。
夫を心配させまいとしたのだと思います。あまり多くの人には話さないのが私の流儀でした。だから私が乳癌だったと知ってみんなは驚いたんです。
いつもそうでしたね、自分が病気だとかなんて、他人に知られたくなかったんです。知られたら、皆変わってしまうでしょうから。皆に話さないおかげで、過敏になったり、親切を受けたりすることもないのですけど、でも「乳癌になって可哀そうね」なんて言われるよりは、「元気そうで嬉しいわ」って言われるほうがいいんです。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言