診断時:68歳
インタビュー時:75歳

1994年に乳がんの診断。 乳房温存手術、放射線療法、タモキシフェン投与。

語りの内容(テキストのみ)

ある朝私は保健医療センターに行きました。一人の素敵な看護師さんが私の名前を「××さん」って呼んだの。彼女は私の傷に包帯を巻いただけではなくて、元気づけてくれたの。
彼女は私に何でも話してくれて、気持ちの持ち方や、私が落ち込んで疲れたと感じても気にしないことって言ってくれたの。だって、私は家事に疲れていたから。
そうしたら彼女はこう言ったの、“そうね、あなたはそれ(家事)をするつもりはないんだとだけ言えばいいのよ”って。そう、彼女はものすごく素晴らしい人だったの。そして今では私は彼女に会うたびに、そのときのことを思い出すの。だって、彼女は私を本当に助けて、励ましてくれたたった一人の人だったから。彼女に会うのがいつも嬉しかったわ。(結局は、家事をしてもらうために看護師にきてもらうことにしたのです)

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧