診断時:68歳
インタビュー時:75歳

1994年に乳がんの診断。 乳房温存手術、放射線療法、タモキシフェン投与。

語りの内容(テキストのみ)

今まで私はリンパ浮腫になる可能性についてまったくアドバイスを受けたことがありませんでした。退院の少し前に乳房にあてるパッドのことでアドバイスにやって来た人はいたのですが。それから手術後の運動訓練についてリーフレットを見直してみました。でも、そこにはリンパ浮腫については何も書いてなかったのです。そこに書いてあったのは、何かをすることだけ、例えば腕を後ろに回してとか・・・。そう、それだけ、それだけなの。腕をもっと強く・・・なんて書いてあるけど、リンパ浮腫についてはまったく書いてありませんでした。
ここで、ちょっとリンパ浮腫のことについて話してみたいのです。もし、お医者さんたちがジャケットを着ていたらって想像するからなんです。もし、お医者さんがジャケットを持っているのに、それを着ることができなかったどうするのだろうってね。私は(手術直後は)服を着ることができなかったし、今でもあまりうまく着ることはできません。スーツは、どんなスーツでも着られませんでした。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧