診断時:68歳
インタビュー時:75歳

1994年に乳がんの診断。 乳房温存手術、放射線療法、タモキシフェン投与。

語りの内容(テキストのみ)

私はいつも午後遅い時間に仮眠をとるの。そうすると、夜の間は気分がすっかりよくなって、11時まで寝なくてもよいのです。私たちはいつも6時半には起きるから、5時までは休んでいられるの。
私はとても眠いから、皆によくアドバイスするの。相手が非常に若い人であっても、特に家族持ちのひとには、こうアドバイスするんです。“この時間には仮眠をとる”って宣言してから休むこと。できれば子供たちが学校なんかから帰ってくる前にね。それが(病気になってから以後の)私の変化で、以来、仮眠の時間をちゃんと確保してきました。
“午後○○時に、話に来ない?”って言われたとき、私が“う~ん、夕方にはちょっとやることがあるの”と答えたとすると、皆はきっと変な人と思うでしょうね、“なぜその両方をできないのだろう?”って。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧