診断時:68歳
インタビュー時:75歳

1994年に乳がんの診断。 乳房温存手術、放射線療法、タモキシフェン投与。

語りの内容(テキストのみ)

私はほんとに淡々としていたと思います。そのときは衝撃らしいものもなかった。それが悪性腫瘍で治療が必要だと告げられたときも、泣きもしなかったと思います。
それから家に帰らなければならなくなって、落ち込みはじめました。心配になってきたのかもしれません。夫に話さなければならなかったのですけど、非常に詳しくは話しませんでした。手術のずっとあとになって夫が癌だったのかと尋ねたくらいですから。
夫を心配させまいとしたのだと思います。あまり多くの人には話さないのが私の流儀でした。だから私が乳癌だったと知ってみんなは驚いたんです。
いつもそうでしたね、自分が病気だとかなんて、他人に知られたくなかったんです。知られたら、皆変わってしまうでしょうから。皆に話さないおかげで、過敏になったり、親切を受けたりすることもないのですけど、でも「乳癌になって可哀そうね」なんて言われるよりは、「元気そうで嬉しいわ」って言われるほうがいいんです。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧