インタビュー内容テキスト

私はね、皮膚病と思ってました。左のね、おっぱいを皮膚病と思って。ちっちゃな、あせもみたいなちっちゃな、瘡蓋(かさぶた)が最初できましてね、乳首の下のほうに。で、それがどんどんどんどん広がって広がって、体液が出てくるわけですよ。
で、それは別に一向によくならない。それで、不思議に思って、まずは皮膚病の専門の病院に行った。痛くもかゆくもないから全く気にしませんでした。それがどんどん広がって、ブラジャーを取るときに、くっついてしまうから、はがすときに、チクッと痛いわけですよ。で、それがどんどんどんどん大きくなってきて、ますます、この、ブラジャーがもう、大きく、こう破けていく、中のほうの柔らかいの(布)がね。それでも気にしませんでしたね。で、それで、そのころは、岩盤浴に行けば治るかなー、皮膚病だからと、自分で決めてましたので。
岩盤浴に行っても一向によくならない。それで、不思議に思って、まずは皮膚病の専門の病院に行ってみようということで診てもらったんです。で、そのときに体液を取ってくださったのね。で、検査の結果、この病院でできないから、病院紹介しましょうということで、ある大きな病院を紹介されて、まあ、そこで皮膚科の先生の説明で、ここではできない、外科に回すということで、外科に今度は移ったわけですね。で、外科の先生が、これはもう珍しい乳がんで、非常に進行が速いから、早くしましょうと、手術を。だから、2ヶ所で、2ヶ所の大きな病院に機械が空いてるところを利用してですね、2カ所でいろんな検査をするようになりました。で、検査結果からもう1ヶ月ぐらい後にもう手術始まりましたね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言