※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:51歳
インタビュー時:64歳(2012年5月)

東北地方在住。会社経営。妻と二人暮らし。1999年、大腸がんと診断される。診断を受ける数年前からは排便時に痛みがあったが、仕事が忙しく、病院に行くのも嫌だったので検査には行かなかった。また、毎年受けていた会社の健康診断の検便で陽性反応が出たこともあったが、そのときも精密検査は受けなかった。その反省を踏まえ、周囲には精密検査を受けることの大切さを伝えている。

―― 実際に、がんと言われるまでは、自分ががんになるなんて思ってもなかったっていうことだったんですけれども、あのー、そのー、ご自身ががんになるまでのがんのイメージっていうか、ま、大腸がんでもいいんですけれども、何か、あ、ございましたか。

そうですね、あのー、とにかく、がんになったら、…余命いくばくもないという…イメージが強かったですね。

―― 何かこう、あのー、大腸がんに限らずですね、ま、あの、自分ご自身の、あの、周囲で、あの、がんになっている方とかっていうのはそれまでいらっしゃいましたか。

あのー、わたしが小さいときにおふくろが亡くなったんですが、あの、それはあのー、乳がんで亡くなりましたんで、その、そのイメージは強いですよね。ですからその、イコール、そういうかたちと、いうのがありましたんで。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧