※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:51歳
インタビュー時:64歳(2012年5月)

東北地方在住。会社経営。妻と二人暮らし。1999年、大腸がんと診断される。診断を受ける数年前からは排便時に痛みがあったが、仕事が忙しく、病院に行くのも嫌だったので検査には行かなかった。また、毎年受けていた会社の健康診断の検便で陽性反応が出たこともあったが、そのときも精密検査は受けなかった。その反省を踏まえ、周囲には精密検査を受けることの大切さを伝えている。

―― 手術後なんですけれども、えー、ま、その切ってみなければ分かんないということだったんですけども、実際はどういう状況だったんでしょうか。

え、あのー、手術後、うーん、そうですね、……3日4日は分かりませんでしたね。あのー、とにかく長い手術時間だったんで、えー、……あとから、そうですね、うーん、1週間ぐらい経ってからですかね、ある程度、その……器具が少しずつ抜けてきたあたりから、ええ。まあ、あのー、当然、あの、尿の問題もありましたんで、自分で排尿もできない状態でしたんで、その、そちらのほうが大変だったんですね。あのー、導尿してもらったり、えー、どうしてもこう、その辺がつらい部分と。と、お尻から管が入ってて、お尻のわきから管が入ってて、そこから、何か液がいつも出ているんで。ちゃんと座れないんですね。そういうのがつらくて、あんまりその、ストーマに関しては、強烈なイメージは、わたし自身持っていません。……ただ、ついたんだと、これなんだと、…思う気持ちはありました。でももう、…しょうがないねと…いうふうな、思いではいました。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧