※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:51歳
インタビュー時:64歳(2012年5月)

東北地方在住。会社経営。妻と二人暮らし。1999年、大腸がんと診断される。診断を受ける数年前からは排便時に痛みがあったが、仕事が忙しく、病院に行くのも嫌だったので検査には行かなかった。また、毎年受けていた会社の健康診断の検便で陽性反応が出たこともあったが、そのときも精密検査は受けなかった。その反省を踏まえ、周囲には精密検査を受けることの大切さを伝えている。

―― その肛門科に行くきっかけっていうのは、何かあったんですか。

激痛ですね(笑)。

―― あ、激痛。

え、あのー、わたしの場合は、あの、血が出たとかっていうのはないんですよ。

―― はい、ああ。

ええ、要するに、便を出すときにもそうですけども、その便が細くなってきたのとか、あのー、激痛で耐えられなかったという。

―― ああ、じゃ、その激痛というのは、もう結局は、そのがんの仕業だったっていうことで。

ええ、だと思います。

―― いたんですね。ああー、で、あのー、出口付近で、すぐ、その、もう、あの、触診で分かったということなんですけども、ご自分では、何か普通にこう素人考えだと、指入れて触れるぐらいだったら、自分で分からないかなって、それは分からないものなんでしょうか。

自分でも入れても分かったですね(笑)。正直言ってね、そんなのがあるとは思っていません。

―― あ、そういって診察方法があることすら、知らなかった。

そうです。

―― ご存知なかった。…ああー。

で、肛門科へ行っちゃったら、指1本で、分かられちゃったんです。分かられちゃったって言ったら変ですけどね。

―― そうですよね。

ええ、ですから、かなり、あのー、近い位置だったと思いますね、あの、括約筋の。

―― うーん、じゃ、やっぱりそのぐらい近い括約筋のすぐそばであった、あ、あるけど、なかなか分かることは難しいというところが、ひとつ驚きといえば驚きですね。

ええ、そうですね。なんと鈍感なのかと、自分自身が(笑)。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧