※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:51歳
インタビュー時:64歳(2012年5月)

東北地方在住。会社経営。妻と二人暮らし。1999年、大腸がんと診断される。診断を受ける数年前からは排便時に痛みがあったが、仕事が忙しく、病院に行くのも嫌だったので検査には行かなかった。また、毎年受けていた会社の健康診断の検便で陽性反応が出たこともあったが、そのときも精密検査は受けなかった。その反省を踏まえ、周囲には精密検査を受けることの大切さを伝えている。

数年前から、あー、痔…だとずっと思っておったんですね。で、あの、我慢しながらやってきて、で、あの、便が細くなったり、こう、激痛が激しくなったんで、こらえきれなくなって、ま、恥をしのんで、実は、あのー、肛門科へ行ったと。あー、そしたら肛門科の先生に、「痔じゃないよ」と。「あなたはうちでは駄目です」ということで、えー、病院を紹介されて、えー、そこで初めて、えー、大学病院のほうで、えー、……「腫瘍がありますよ」という…ことを言われて。それが初めてですね、ええ。

―― そのー、病院を受診されて、えー、ま、あの、痔ではないと。あの、ご自身は、多分痔だろうと思って受診をされたと。

はい、はい。

―― やっぱり、そのー、痔ではないというふうに言われたときのお気持ちっていうのは。

まだあの、正式にがんと言われてなかったんで、何だろうなと。……で、あの、なかなか、あの、大学病院行っても、先生は、あ、がんだとははっきり言わないですね。ただ、「手術が必要だ」と…いうことを言われてて。えー、「先生、何ですか」ということで、悪性の腫瘍だという…ようなことで、あ、がんなのかな…っていうふうな感じでし、うーん、知ったときにはとにかくびっくりですね。あのー、自分とは縁遠い世界で、あの、いつまでも元気であろうと自分は思った。で、そのがんというか悪性腫瘍って言われたときに、……えー、目の前が、あ、真っ白になっちゃって、えー、僕はどうしたらいいんだろうと……。ということが、あのー、一番最初のショッキングな…ところでしたね。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧