※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー17

診断時:60歳
インタビュー時:62歳(2012年5月)
東北地方在住。定年退職後農業を営んでいるが、現役時代は会社の健康診断で、退職後は町の健康診断で便潜血検査(検便)を受けてきた。2010年に肛門近くにある大腸がんが見つかり手術したが、検診で見つかったわけではない。生命保険のかけ替えの際、かかりつけ医に持っていった検診表を見て医師が気付き、内視鏡検査をしてわかった。これまで便潜血検査の結果に全くフォローがなく、自分でも判断できなかった。今は元気に過ごしているが、町の健診に対しては複雑な思いがある。

詳しいプロフィールを見る

退職して今までの団体保険をやめたんですね。団体保険、がん保険その他の保険いろいろ入っていて、それを絶対わたしはがんなんて、あるいは一般の病気も、全然縁のない、お医者さんには全然縁がなかったですので、退職して、うーんと、2年以上たってから、ま、とにかく、一般の保険に入ろうと思って申し込んだときに、「診断書をもらってくれ」と言われたんですね。で、しょうがなくって、その診断書をもらいに行って、その検診表を先生に、町医院の先生に見ていただいたときに、「何でもっと早く来ない」と言われたんですね。でも、わたしはそんな知識がなかったんで、痛くもかゆくもないし、無視していたわけですから、そうしたら、その先生は、あのー、「わたしはこれに関して責任は持てない」と……と言うんですね。でー、「内視鏡をじゃ見よう」ということではかったら、先生が、「やっぱり」ということ、言葉を、発したみたいなんですね。そしたら、わたしは、あ、何かあるな…と思って、…ま、ちょっと余計なことを話しをするかもしれませんけど、そのときに、新しい仕事で、東京に3時の汽車で行くと、行く予定になっていて、宿も全部決まったんですけども、その前に、お昼に、その日のお昼に先生に結果を聞きに行ったところ、大きいのが、あのー、…パソコンの、ま、写真といいますか、取りこみに、もうみっともない自分のがんのところが、ぼてっと載っていたんですね。それで、それを見て、これが、わたしのやつかなあと、ドキッとしましたけども。それで、初めて分かったんですね。……はい。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12128 (17) { ["term_id"]=> int(73) ["name"]=> string(33) "便潜血検査の結果を知る" ["slug"]=> string(8) "benkekka" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(75) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(9) ["count"]=> int(9) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "1" ["cat_ID"]=> int(73) ["category_count"]=> int(9) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(33) "便潜血検査の結果を知る" ["category_nicename"]=> string(8) "benkekka" ["category_parent"]=> int(9) } }
同じテーマの語りを見る