※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:60歳
インタビュー時:62歳(2012年5月)

東北地方在住。定年退職後農業を営んでいるが、現役時代は会社の健康診断で、退職後は町の健康診断で便潜血検査(検便)を受けてきた。2010年に肛門近くにある大腸がんが見つかり手術したが、検診で見つかったわけではない。生命保険のかけ替えの際、かかりつけ医に持っていった検診表を見て医師が気付き、内視鏡検査をしてわかった。これまで便潜血検査の結果に全くフォローがなく、自分でも判断できなかった。今は元気に過ごしているが、町の健診に対しては複雑な思いがある。

ただ、……その、これは、たい、ま、大変というか、うん、もう…「そうとう進んでいるぞ」と言われたんで。まあ、やっぱり、がんというのはおっかないイメージはあったんですね、自分には関係ないとは思ったんですけども。で、さらにはああいうのを見せられると、あ、これは、……うーん、命の保証はないのかなって自分で思いながらも、でも、なるもんはなったから、今は痛くもかゆくないし、まあ、なるようにしかならないと。手術して取ってしまえば終わりだと。盲腸の手術だと思ってやろうと。…手術そのものも全然したことないし、そんなものは絶対に縁はないもんだと思っていたんですけども、もうどうにでもなれと、やってくれ…というような気持ちでおりましたけどね。
わたしはこのとおり、まあ、あんまり心配しないもんだから、あー、がんかもしれないというような話と、あのー、大きいの見せられても、「大丈夫、取れば治る」というようなことで、あのー、悲観的なことは、わたしは一切思わなかったし言わなかったしですね、取れば治るんだと。それこそ、だから、盲腸の手術と同じだと。逆に盲腸なら痛くなって手術するわけだけども、わたしの場合は、あのー、痛くもかゆくもなくて手術で取っただけだから、あー、幸せだなと思いましたけどね。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧