※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:74歳
インタビュー時:77歳(2011年11月)

首都圏在住。以前は会社の健康診断を受けており、便潜血検査(検便)で異常が指摘されたことはなかった。リタイアしてから地域の健診の案内が来ていたが、受けたことはない。けれども、突然の腹痛から入院、大腸がんだとわかって手術をした。1か月半にわたる入院生活は長く感じられ、また病院で受けた腸の中を見る検査はとても辛い経験だった。今は特に症状はなく、40日に一度病院で血液やX線の検査を受け、食生活に気をつけて生活している。

―― で、えーと、ま、ある程度の年齢になってくると、こう、市の広報とかで、あの、がん検診受けませんかっていうものが回ってくるところもあるんですけれども、あの、受けようかなって思ったことはありますか。

うん、そ、それはね、あの、言われたことあります。

―― あ、そうですか。

うん。

―― それはどなたから言われ。

先生から。

―― あ、えーと、病院、行きつけの病院の先生からですか。

ええ、今の。

―― で、それは、ま、あのー、言われてどういうふうに思いましたか。

うん、後で暇があったときに検査してあげますということは言われました。

―― じゃ、とてもお忙しくて時間が取れなかった。

お互いにね。
時間的に先生のほうも忙しかったんだろうけどね、やりましょうっていうことは言われていたけどね、時間的になかったんですかね、忙しかったって、やらなかったですね。で、あのときにやっていれば、あの、見つかったんだろうと思いますけどね。やってなかったですね。だから、やろうっていう話はあったですよね。でも、全然やらなかった。

―― やっぱり心配な人が、こう、自分で。

オプションでやるものでしょ(無料だけど一般(特定)検診とは別に申し込むという意味です)。血液検査はみんなして、尿検査と血液検査は、それまあ安いからかもしれないですけど。必要に応じて受けるもの、心配な人が受けるもの、っていうふうになるから、わたしは、あんまり心配じゃないから受けないっていう…ことなのかしら。うーん……。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧