※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:74歳
インタビュー時:77歳(2011年11月)

首都圏在住。以前は会社の健康診断を受けており、便潜血検査(検便)で異常が指摘されたことはなかった。リタイアしてから地域の健診の案内が来ていたが、受けたことはない。けれども、突然の腹痛から入院、大腸がんだとわかって手術をした。1か月半にわたる入院生活は長く感じられ、また病院で受けた腸の中を見る検査はとても辛い経験だった。今は特に症状はなく、40日に一度病院で血液やX線の検査を受け、食生活に気をつけて生活している。

―― でも、まあ、もうね、かかってしまったということでしたけれども、じゃあ、もう、あのー、特に、その、検査に対してこういうデメリットがあるとか、こういうことが嫌だからとかいうことではなかったんですか。

ええ。自分。

―― もう時間があれば。

ええ。自分はすばらしく元気だってずっと思ってたから、そういう気持ちにはならなかったですね。

―― ああ、そうですか。ふーん。ご家族の方でも特にがんにかかられてる方はいらっしゃらなかった。

いませんでした。

―― そうですね。じゃあ、ご自分が、ま、検診を受けなくても、がんにはならないと思ってらっしゃったということ。

と思ってましたね。

―― ああ。で、あ、じゃ、ま、あの、奥さまをね、あのー、ま、前に亡くされているというお話だったんですけれども、えー、奥さまのその闘病生活を見ながら、ご自身はどうかっていうことは、あまりそれは考えられなかったですか。

うん、ねえ、考えてみたですね、自分もこういう病気があるのかなっていうことはね。

―― ああ、ちょっと考え。

ええ。ねえ。毎日看病に行ってましたですからね。

―― そうですよね。うんうん。ま、それがこう、検診を受けようとかそういうふうにはあまり結び付いては。

うん、ねえ、そのときには思わなかったですね。自分だけが健康だと。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧