※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:74歳
インタビュー時:77歳(2011年11月)

首都圏在住。以前は会社の健康診断を受けており、便潜血検査(検便)で異常が指摘されたことはなかった。リタイアしてから地域の健診の案内が来ていたが、受けたことはない。けれども、突然の腹痛から入院、大腸がんだとわかって手術をした。1か月半にわたる入院生活は長く感じられ、また病院で受けた腸の中を見る検査はとても辛い経験だった。今は特に症状はなく、40日に一度病院で血液やX線の検査を受け、食生活に気をつけて生活している。

あの検査ね、おしりから入れる検査はね、二度とやりたくないね、もうね。苦しいよ。空気が、こんなにおなかがぱんぱん張っちゃってさ。ねえ、我慢するのよ、我慢するっていうけど、もうあれだけは二度とやりたいなと思わないね。CTとかさ、いろんな検査とかそうでしょう、採血なんてのは、もう簡単に「はい」っていうけど、あれだけ、あれだけはやりたくないなと思った。
だから、あの、検査だけがきつかったね。ねえ。みんなああやって検査するんだろうかなと思って。だからみんなやらないのかねと思うけど、きつかったよ、あの検査。すっごいね。

―― それは、おなかが痛くなって病院に行ってからやった検査だったからつらかったんでしょうかね。

ねえ。それがつら…ねえ。それで、ほら、下剤かけて、なってから何にもおなかにないって言われてね、やったからね、検査はね。だから、あの検査はきつかったね。みんな、あれ、検査のときに、みんな検査するのにみんなああやってやってるのかなと思うけど、やってるんですかね? おれ、私だけかな? 特別になったのかなと思う。

―― 多分、腸の検査っていったら、そういう幾つかの検査をやると思いますよ。

あるんですかね。すごいよ、こう、機械が、自分が動くんじゃなく、機械がさ、上になったり下になったりさ、逆さになったりさ、ねえ、全然ね。でも、ほら、レントゲン、何も、ほら、あれよ、ちゃんと分かるもの、こうやって意識してね、右手、「はい、空気止めて」ってね。我慢、「そこを我慢するのよ」なんて言われてね、「はい、分かりました」っつって。あれはもう、1時間ぐらいやったもんね。あれ、きつかったよ。どこの病院でもやるのかね、ああやって。

―― あの、まあ、や、やる、どこの病院でもというか、ま、その人の状態によってはやるのかなというふうに思いますけどね。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧