※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:64歳
インタビュー時:68歳(2012年3月)

男性・関西地方在住。定年退職後は家事調停委員を務めている。現役時代に胃がん、退職してから大腸がんに罹ったが、いずれも検診で早期に発見されたため、重症にならずに済んだ。自覚症状は全くなかったので、定期的な健診を受けて良かったと思っている。退職後は、上限はあるものの会社(健保)からの補助もあるため、自分で必要だと思う検査項目を追加して、引き続き人間ドックを受けている。結果は郵送されてくるので、近所のかかりつけ医に持っていきチェックしてもらっている。

―― あの、細かい話ですけれども、人間ドックをお受けになるというのは、会社がお休みの日に受けられてましたか?それとも、休暇、お休み取られると、それは補填されるとか、何か、そういったことあるんでしょうか。

えーと、日帰りの人間ドックですから、あの、それは、あの、会社で、あの、勤務中、時間でも、あの、可能なルールになってますので、それで行ってました。現役時代はね。

―― じゃ、それは、じゃ、今日は人間ドックですからっていうのは、特に、その、私用でのお休みとは区別されて。

そうですね。やっぱり、勧められてましたから。それは、あの、堂々と勤務内に行きましたけど。

―― あの、先ほどね、ちょっと、気になったんです。35歳から人間ドックっていう風に、あの、おっしゃってたんですけれども、35歳までの人っていうのは、どういう形で健康診断されてるんですか?

それは、随時、あの、いわゆる、春と秋の、別な、あの、会社としての検査、もちろん、その、ありますけど。それに加えて、35歳から人間ドックに。えーと、これはね、泊まりがけだったと思いますけどね。現役時代の、その人間ドックっていうのは。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧