※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

インタビュー時:44歳(2013年2月)

女性・首都圏在住。これまで、会社での健診、主婦健診、国保での地域健診など、色々な健診の中で便潜血検査を受けてきた。今は国保なので自治体の特定健診を受けており、検便も一緒に受ける仕組みになっている。検便に使うキットは健診に申し込むと送付され、健診会場に持参するので、特にわずらわしさは感じない。直近の検査で陽性になり、内視鏡検査を受けたが、問題はなかった。不定期だがヨガを続けており、体の調子について仲間と話すことはあるが、体で気になることがあるときに気軽に行ける医療機関があると良いと思っている。

―― やっぱり、内視鏡検査ってハードル高いですかね。陽性だったら行きやすいけど、自分から…。

うーん、そうですね、何でだろうっていうと、まあ、普通、出す場所のところに入れないでしょうみたいな感覚はあるんですけど。うーん、ま、それを言うんなら、あのー、婦人科の内診だって似たようなもんなんですけどね。でも、やっぱり、何でしょうね、お尻っていうイメージだからなのかなあ。痛そうっていう想像はあったんですよね。でも、まあ、受けてみたら、実際は、ほとんど痛み感じなかったんで。あ、こんなものかと思いましたけど。上手下手、あのー、そのなさる先生の上手下手もあるのかなとは思います。まあ、運がよかったということで。

―― 麻酔はされました?

麻酔はしていないです。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧