大腸内視鏡検査の実際

大腸がんの精密検査の方法として広く用いられているのが大腸内視鏡です。(「大腸内視鏡検査の説明と準備」 のトピックもご覧ください。)大腸内視鏡検査はカメラを肛門から入れて腸内を詳しく調べる方法です。何か異常が見つかったら、カメラでズームアップしたり、色素で染めたりして、病変を詳しく調べます。ときには組織を少しだけとって検査に回したり、ポリープを切除したりすることもあります(その場合はそういう処置を行うことについて事前に患者さんの同意を得ます)。ここでは大腸内視鏡検査を受けた人たちの体験談を紹介します。

大腸内視鏡検査の痛み

大腸内視鏡検査については、痛そうというイメージを持っている人も少なくありません。実際、検査のために送り込まれた空気によって腸が膨らんだり、内視鏡によって腸が引き延ばされてしまったりすると、おなかが張ったり痛みを感じたりすることがあります。私たちのインタビューでも内視鏡検査に伴う痛みについて語った人は多くいました。例えば、2度の内視鏡検査を経験しているある女性は、S状結腸という部分は曲がりくねっているので、カメラを入れるのも大変だし、鎮痛剤を使っても痛みがあったと語っています。また、別の男性は、カメラが腸壁にぶつかるときに痛みがあり、大腸が破れるのではないかという不安を抱いたと言っています。

痛みの有無は麻酔や鎮静剤・鎮痛剤の使用とも関係しています。鎮静剤は意識のレベルを落とすための薬で、鎮痛剤は痛みをとる薬です。鎮静剤・鎮痛剤の使用は病院の方針によって異なり、両方を使用する場合もあれば、どちらか一方だけを使用する場合もありますし、鎮静剤を用いる場合でも、ほとんど眠った状態にするのか、それともある程度意識を保ちつつ検査を進めるのかという違いもあります。会話ができて、多少痛みを感じる程度に保つことで、検査中に何らかのトラブルが起きたときに早めに察知することができます。

しかし、検査を受ける人が過去の痛みの経験から強い恐怖心を抱いている場合は、本人がうとうとしているうちに検査が終わるようにすることもあります。次の女性は、1回目の内視鏡検査で痛みを感じたので、次の検査のときには自分からお願いをして鎮静剤を打ってもらっています。それからは何も苦痛を感じなくなったと言います。

もちろん、鎮静剤を使わなければ常に痛みを感じるわけではありません。別の女性は、当初、内視鏡検査は痛そうというイメージを持っていましたが、実際にはほとんど痛みを感じませんでした。この方は、鎮静剤は使っていませんでした。女性は、検査をする医師の上手下手もあるのではないかと語り、自分は「運がよかった」と言っています。

他にも、検査をする医師の技術や経験の違いを、大腸内視鏡の痛みの有無(程度)と関連づけて語っている人がいました。特に、何度も大腸内視鏡検査を受けている人は、検査をする医師の技術に大きな違いがあることを実感しているようです。

自分の腸の中を見る

内視鏡検査を行うにあたっては、鎮静剤を使うか使わないかという選択肢があり、また、鎮静剤を使う場合も、完全に眠った状態で行う場合もあれば、ある程度意識を保った状態で検査を受ける場合もあります。後者であれば、検査を受けている間、モニターで自分の腸内の様子を見ることもできます。前述の2回目からは鎮静剤で眠らせてもらったという女性も、1回目は意識があったので画面で大きなポリープを確認して、「そんなに育てちゃったのかしら」と思ったと話しています。人によっては、自分の腸の中を見ることに抵抗感を感じるかもしれませんが、「医師によって技術に天と地ほどの差がある」と話していた女性のように、モニターを見たいのであえて麻酔をかけないように医師に頼んだという人もいました。また、実際に腸内を自分の目で確認できることは安心感につながったと語っている人もいます。

ポリープが見つかったら

大腸内視鏡検査でポリープ(腸の粘膜上に隆起したイボの総称で突起状のものや扁平のものなど形状は様々)が見つかることが少なくありません。ポリープはそのまま放置しておくとがん化する恐れがありますので、その場でスネアと呼ばれるワイヤーをかけ、高周波電流を流して焼き切ることがあります。この内視鏡によるポリープ切除術をポリペクトミーと呼びます。ポリープの大きさや形状によっては、日を改めて切除したり、生検のためにその一部だけを採取することもあります。今回のインタビュー協力者の中にも、大腸内視鏡検査でポリープが見つかり、ポリペクトミーを行ったという人が何人かいました。ポリープが三つ見つかった(そのうちの一部は悪性の腫瘍だった)男性は、ポリペクトミーで切除を行いました。また、同じようにポリペクトミーを経験した別の男性は、切除は非常に簡単で、むしろ検査のための準備の方が大変だったと語っています。

内視鏡検査でポリープが見つかったものの、その場で切ることはせず、日を改めて内視鏡で切除したという人もいました。この男性は、手術の方法や切った後のポリープの処理など、色々と医師に質問し、納得した上で切除術を受けました。

この男性は、自分の安心にもつながるということで、その後も定期的に内視鏡検査を受け、3回目にはポリープだけでなく憩室が見つかったと話しています。憩室とは、腸壁の弱い部分が袋状にくぼんで外へ向かって出てしまったものをいい、大半は無症状ですが、ときには炎症を起こして腹痛や発熱が起きることもあります。

内視鏡的切除術には幾つかの術式があります。内視鏡検査でポリープが見つかった女性は、ポリープを分割して切除する従来の方法と、一括切除できる新しい方法(※)があると言われました。後者の方法は費用が高く、また、従来の方法よりも腸に穴が開く可能性がやや高いということでしたが、一回でポリープを切除できることと、確定診断ができるということでこちらを選びました。

※これは内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)と呼ばれる治療法で、この女性が受けたときにはまだ保険適応になっていない新しい技術でしたが、2012年4月から保険適応になりました。ESDについては「大腸がんの治療」 のトピックもご参照ください。