※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

インタビュー時:44歳(2013年2月)

女性・首都圏在住。これまで、会社での健診、主婦健診、国保での地域健診など、色々な健診の中で便潜血検査を受けてきた。今は国保なので自治体の特定健診を受けており、検便も一緒に受ける仕組みになっている。検便に使うキットは健診に申し込むと送付され、健診会場に持参するので、特にわずらわしさは感じない。直近の検査で陽性になり、内視鏡検査を受けたが、問題はなかった。不定期だがヨガを続けており、体の調子について仲間と話すことはあるが、体で気になることがあるときに気軽に行ける医療機関があると良いと思っている。

―― 内視鏡の検査の結果は、ま、よかったっていうことになんですけど。その通知のされ方ってどういう感じでしたか。その場所……。

えーと、どうだっけ、えーとですね。もう、その場で、だったですね、あのー、まあ、えーと、術着に、術着っていうか検査着に着替えて横になって、あのー、カメラを入れて出して、で、そのあと、また待合室に呼ばれて、見た感じ大丈夫でしたよっていうのは、その日の、その検査のあとに、その検査をした当の先生から言われるっていうかたちでした。

―― じゃ、もうその自分で見た感じと先生がおっしゃたこと、まあ、両方、で、あ、じゃあ、大丈夫だったっていうことで、ま、そこで終わったということですか。

はい。

―― なるほど、はい、よかったですね。

はい、ありがとうございます。まあ、痔だったっていうのがどうしょうかなと思ったんですけど。治療しにいく程度じゃないだろうと、あのー、勝手に判断して。ま、そこはあのー、肛門科ではなかったので。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧