※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

インタビュー時:58歳(2011年12月)

東海地方在住。大腸がん検診を受けてきた中で、内視鏡検査の経験は3回ある。2011年便潜血検査が陽性になった時には、内視鏡検査を(違う病院で)2回受けたが、2度目は全く痛みを感じず、技術の差を実感した。その時に見つかったポリープは、先進医療に指定されている「内視鏡的大腸粘膜下層剥離術」という方法で切除した。切除したポリープは4cmの大きさになっており、10年前に最初に受けた検査では見落とされたのかもしれないと思ったが、今後も毎年便潜血検査は受ける予定である。

で、結果は、あの、検査の最中に、あの「あ、ポリープがあるよ」って言われました。はい。で、かなりおっきいから、まあ、今日このまま取ることもできないので、あとは、やっぱりその、うん、「便が少し残ってて、あの、中の様子がよく見えないから、このままポリープ取るのは危険があるから、また後日決めましょう」っていうことで、ポリープがあることだけ言われました。で、うん、だいたいその時は2センチぐらいって言われましたけれど。
で、1週間ぐらいしてから、あの、検査の先生とは別の、あの、最初に受診した先生の話を受けて、まあここでも、あの…えーっと…一括、あの…うーん……ポリープは、の、取り方も説明も受けたんですけれど。あの、一応、その、検査結果を、まあ、いとこに、あの、一応検査してくれた医師のところに報告しなければいけないので、まあ報告して、相談することはしました。うん。

―― で、結局それってどうされましたか。

あの、一応病理検査は、えーっと…ん…見た限りは、あの、悪性ではないけれども、病理検査しないと、ポリープ取って病理検査をしないと、あの、ほんとに悪性かどうかはわからないからっていう説明だったんですね。で、あの、手術を受けるにしても、うーん、もしも最悪悪性の場合は、どうせだったら、あの、がんセンターのほうが、その後のこと考えたら、まあ、うん、安心して治療を受けられると思ったので、えー、自分の考えで、あの…転院することを決めました。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧