※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

インタビュー時:58歳(2011年12月)

東海地方在住。大腸がん検診を受けてきた中で、内視鏡検査の経験は3回ある。2011年便潜血検査が陽性になった時には、内視鏡検査を(違う病院で)2回受けたが、2度目は全く痛みを感じず、技術の差を実感した。その時に見つかったポリープは、先進医療に指定されている「内視鏡的大腸粘膜下層剥離術」という方法で切除した。切除したポリープは4cmの大きさになっており、10年前に最初に受けた検査では見落とされたのかもしれないと思ったが、今後も毎年便潜血検査は受ける予定である。

えー、朝日新聞で、以前、検診の有効性について取り上げている記事があって。えっと、子宮頸がんと、あと、大腸がんの検診は有効性があるっていうふうに、あの、記載されてたような記憶があるので。
大腸がんは、うん、最初の検査は便潜血なので、過去にも受けたことあるから、うん、えっと、受けたほうがいいかなっていうのと。あと、夫の、知り合いの人が、たまたま受けた潜血検査で大腸がんが見つかってしまったので、ああ、そういうこともあるんだなって。うん。あの、身近な人の例をみると、うん、やっぱりまた受けてみようかなって。ずっと陰性だったから、また今年も受けても陰性だろうし、見つかってもひょっとしたら、また痔のせいかもしれないって言われると思ったので、迷いはしたんですけれど、まあ簡単にできるので受けることにしました。うん。
あと、子宮体がんなんかは、あの、主治医の先生が、あれは50パーセントの確率でしか見つからないよって言われたので、まあ、がん検診そのものについても、うん…それぞれ有効性には違いがあるんだな、とは思ってます。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧