※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

インタビュー時:58歳(2011年12月)

東海地方在住。大腸がん検診を受けてきた中で、内視鏡検査の経験は3回ある。2011年便潜血検査が陽性になった時には、内視鏡検査を(違う病院で)2回受けたが、2度目は全く痛みを感じず、技術の差を実感した。その時に見つかったポリープは、先進医療に指定されている「内視鏡的大腸粘膜下層剥離術」という方法で切除した。切除したポリープは4cmの大きさになっており、10年前に最初に受けた検査では見落とされたのかもしれないと思ったが、今後も毎年便潜血検査は受ける予定である。

…で、あの、まあ、がんセンターに行って、えっと、データ持って行ったんですけど、あの、そのまま、まあ、手術の日にちを決めるのかと思ったら、あの、「もう1回検査を行います」って言われました。で、2回も同じことしたくないな、と思ったんですけど、「僕の目で確かめたいからやります」と言われて、あの、内視鏡検査をしました。
でも、あの、うーん、その時感じたのは、内視鏡検査の技術というのは医師によって天と地と…地ほどの差もあるんだ、ということを、あの、うーん、改めて認識しました。あの、全然痛くなくて、あの…えーっとカーブがありますね、腸の。腸が曲がってるところも、なんかスイスイと入っていって、あの、先生とお喋りしながら。あと、あの、モニター見せてほしかったので、あの、ドクターには麻酔をかけないでくれ、と頼んで、あの、モニターの画像を見てました。
で、はっきりと自分の目で、えーっと、どこにあるか、あの、えー、うーん、ポリープが。で、一番奥にあって。あの、結構平べったくてぺちゃっとしてるのがわかりました。で、ドクターも、これは盲腸の部分で、一番、あの、小腸と大腸の境目のところ、大腸の突き当たりの部分で4センチぐらいあるよ、って言われて。前の先生は2センチだと言ったのに、ずいぶん大きさが違うんだなって思いました。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧