※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:45歳
インタビュー時:49歳(2012年11月)

首都圏在住。病気になるまではピアノ講師をしていた。2007年に受けた検診で便潜血検査が陽性になり、また刺激物を摂ると下痢をするようになったが、市販薬を飲むと治まるので2年ほど飲み続けていた。その後下血をきっかけに受けた内視鏡検査で直腸がんと診断された。内視鏡下の手術で切除できたが、その2年後にリンパ節、肝臓、肺への転移がわかった。抗がん剤治療を受けてきたが、副作用が強いため現在は休薬中である。

―― じゃあ、まあ指で触れるところに、まあ、あったっていうことですよね。

はい。

―― で、それからどうされましたか?

で、内視鏡で取ってくださいと。あの、お腹を、げ…あの、外科手術をすると人工肛門になる可能性が高いって言われたので、それはもう絶対に嫌だということで、で、内視鏡、どうしても内視鏡で取ってくださいっていうふうにお願いをしまして、2009年に内視鏡で手術をしていただいて、きれいに取っていただきました。

―― ああ、良かったですね。それはもう、えー、腹腔鏡じゃなくて。

じゃなくて、内視鏡で。

―― まあ、一般的には、あの、内視鏡で取れるものは普通小さいって言われますけども。

はい。ESDっていうんでしょうかね。あのー、こう、スネアとかって、こう、つまんで取るんではなくて、中にメスが付いているらしいんですね。それで。

―― そのがんは1カ所ですか?

1カ所でした。

―― ああ。ステージいくつとか言われました?

そのときは、えーと、粘膜下層までっておっしゃってたので、ぎりぎりステージ1だったと思うんですけど。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧