※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー25

診断時:45歳
インタビュー時:49歳(2012年11月)
首都圏在住。病気になるまではピアノ講師をしていた。2007年に受けた検診で便潜血検査が陽性になり、また刺激物を摂ると下痢をするようになったが、市販薬を飲むと治まるので2年ほど飲み続けていた。その後下血をきっかけに受けた内視鏡検査で直腸がんと診断された。内視鏡下の手術で切除できたが、その2年後にリンパ節、肝臓、肺への転移がわかった。抗がん剤治療を受けてきたが、副作用が強いため現在は休薬中である。

詳しいプロフィールを見る

―― まあ、行かなくてもいいのかなって。まあその、内視鏡がちょっと敷居が高いっていうことで、放っておいたってことですかね。

そうですね。

―― 実際に内視鏡の検査受けられてどんな感じでしたか?

私はすごく痛がりなんですよ。だから…、あの、苦しかったです。あの、一番最初に行ったクリニックでは、全く鎮痛剤を使わずにだったので、「痛い、痛い」って言いましたし。それで、あの、大きな病院に紹介されてやるときにはもう「私痛がりなので、先生」ってお願いして、眠らせていただいちゃったので、眠らせていただくようになってからは、何も苦痛は感じたことないです。

―― じゃ、それ以降は大きな病院ですし、毎回、あ、鎮静剤ですかね?

ええ、そうですね。

―― 注射していただいて。

はい。

―― で、痛かったっていうのは、どういう感じで痛かったですか?

どういう感じで。

―― 例えば、最初は痛くないけども、腸の曲がったところ通ったときにぐっと押されるとか。いろんな、それとか、あとは最初に入れるときがすごく嫌だとか、いろんなことを表現されるんですけども。

あ、そうですか。あの、直腸入ってすぐぐっと曲がりますよね。そこにポリープがあったんですね。だからもうそこで痛かったです。あの、曲がってるから痛いのか、ポリープがあったから痛いのかは分からないですけど、もうそこで「痛い」って言ってました。

―― で、もうそこで止まったわけですか?

はい、はい。

―― なるほど。じゃあ、もうたいして入ってなかった。

そうです、そうです。ほんとに。1回目はね。はい。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12128 (17) { ["term_id"]=> int(75) ["name"]=> string(30) "大腸内視鏡検査の実際" ["slug"]=> string(9) "naijissai" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(77) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(10) ["count"]=> int(15) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "1" ["cat_ID"]=> int(75) ["category_count"]=> int(15) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(30) "大腸内視鏡検査の実際" ["category_nicename"]=> string(9) "naijissai" ["category_parent"]=> int(10) } }
同じテーマの語りを見る