診断時:45歳
インタビュー時:48歳

1998年に乳がんの診断。乳房温存手術、放射線療法、ゾラデックス投与。

語りの内容(テキストのみ)

――アロマテラピーは定期的に受けているのですか?

ええ、毎週。

――それはどんなふうに役立ってるのかしら?

今はリラックスできています。私の人生のうち14年間はとても大変なものでした。体の一箇所たりともリラックスできませんでした。今はじっと座っていることもできるし、リラックスすることもできます。リラックスするというのがどういうことなのかも分かっています。でも以前はリラックスという言葉の意味が分かりませんでした。だからある意味で、アロマテラピーは私の役に立っているのです。

――生活がとても忙しかったのですか?

いいえ、忙しかったとは言いません。ただ、四六時中かっかとしていたと思います。
いつも神経を張り詰めていたのです。でも今は違います。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧