診断時:45歳
インタビュー時:48歳

1998年に乳がんの診断。乳房温存手術、放射線療法、ゾラデックス投与。

語りの内容(テキストのみ)

金曜日に専門医が会いに来て言ったのですが、「病院にもう一度入院して、再手術を受けることもできる」というのです。「もう一度切開して、しこりがあった場所の組織をもっと取り除いて、腋の下を切開してみよう」というのです。いわゆる‘広範囲局所切開’というものですね。
彼女は全部説明してくれました。「リンパ腺の一部を切除してみて、万が一がんが再発し、広がっていた場合は、治療方法は化学療法と放射線療法となり、タモキシフェンの投与を多分5年か10年は受けることになる」というのです。あるいはまた「乳房切除術を選ぶこともできる。乳房切除術のほうは、一旦それを受けてしまえば、それ以上の治療は何も必要ないだろう」ということでした。
私はこう思いました。「乳房切除術、確かに思い切った方法だわ。この小さな小さなしこりのために胸を取り去ってしまうなんて」って。しこりの大きさはエンドウ豆一個分に過ぎませんでした。大きくなりつつはありましたけど、まだ大きくありませんでした。乳房切除術は少し大げさだと思いましたね。
専門医のアドバイスは、「再入院して組織をもっと切除し、広範囲局所切開を行う」というものでした。私はそれをやってみると答えました。ドイツにいる娘にも意見を聞きました。娘は言いました、「そうよママ、そっちにすれば。乳房切除術はちょっと大げさだと思う」って。
それで私は広範囲局所切開を受けてみることにしました。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧