診断時:45歳
インタビュー時:48歳

1998年に乳がんの診断。乳房温存手術、放射線療法、ゾラデックス投与。

語りの内容(テキストのみ)

私は4ヶ月間ほどタモキシフェンによる治療を受けていました。それが合わなかったため、今はゾラデックスの注射を28日ごとにお腹に打っています。行きつけの病院の看護師にしてもらっています。この治療をはじめてから3年間一度も再発していません。

――タモキシフェンでは副作用があったと言いましたね。どんな副作用でしたか?

体重がかなり増えましたね。そしてこれは当時も、今でもそうなのですが、のぼせがあります。私は「熱い汗(hot sweat)」って呼んでいるのですけど、汗がまさにあふれ出てくるのです。今でも多少ありますが、不快には思っていません。
そのうえ胃痙攣も起こしていました。それでタモキシフェンの投与をやめ、ゾラデックスの注射に変えました。
それも同じような薬だと思っています、白いものをお腹(皮下)に注入するんです。それが身体の中で利用しつくされるまでに28日かかるのです。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧