診断時:18歳
インタビュー時:19歳

2000年に乳がんの診断。両側乳房切除術、化学療法、放射線療法、2次がんに薬物療法。2001年6月に死去。

語りの内容(テキストのみ)

そして、友人達に私の病気の事を電話で告げる作業にかかりました。何度も同じ事を繰り返すので、最後にはまるで台本を読み上げる作業をしているような気分になりました。
彼らに病気のことを告げるとき、私には何の感情もなく、また感情を表に出さないようにしていました。電話先で彼らを動揺させたくなかったからです。
数人の友人は「今すぐに会いに行くから。今出かけるわよ、会う必要があるの」と言ってくれ、とても親身になってくれました。別の受け取り方をすることもあると思います。何人かは話を聞いた後で言いましたよ、“電話を切るわ、お茶の用意が出来てオーブンが暖まったから。じゃ、またね。”って。そういう応対に私はうろたえたけれど、あの人達は電話中にうろたえたくなかったし、私をうろたえさせたくもなかったのだ、と思う事にしました。そうよ、ともかくも私のことに気を遣ってくれたのよ。たくさんの人達がお見舞いのカードや電話をくれたのですよ。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧