診断時:24歳
インタビュー時:27歳

1998年に乳がんの診断。乳房温存手術、化学療法、放射線療法。

語りの内容(テキストのみ)

 それは様々な形で現れます―そう、あらゆる問題、たとえば仕事を探す、保険や年金について考える、そういったことすべてです。(がんになると)突然こういった状況の中に放り込まれるのです。そして例えば、そうですね、「これまでに深刻な病気にかかったことはありますか?」といったような用紙にチェックを入れようとする時などに、それはぱっと目の前に現れるんです。
 それまではどの答えも「いいえ、いいえ、いいえ、いいえ」だったのに。それは突然現れて、変えてしまうんです、そう、すべてを変えてしまいます。他人の書類に書かれた自分への見方が変わってしまいます。
 ええ、あまりに多くの事が変わってしまうんですから、もちろん自分自身にも影響を及ぼします。それについて考えまいとしても、自分の人生に影響を与えているんです。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧