診断時:24歳
インタビュー時:27歳

1998年に乳がんの診断。乳房温存手術、化学療法、放射線療法。

語りの内容(テキストのみ)

 私は特に乳房専門看護師から知りたい情報をすべて得ていたと思います。彼女は、私の場合についてこれからどんなことが起こるか、そしてどうなっていくかを説明してくれました。それに、私は2、3の資料を読みましたし。
 今なら、もし乳がんに関することを目にしたら、どんなものでも取り上げて読むでしょう。ガン一般に関することであっても読むと思います。でも当時は、欲しかったのはそういったことじゃなかった。
 ただの情報じゃなくて、何と言えばよいのか、もっと情緒的な側面に関することだったのではないかと。私はガンの事実に関することよりむしろ、情緒的なことに対してエネルギーを注いでいたんです。
 私が求めていたのは…この病気に罹ってしかも回復した人たちとの会話でした。私はこの別の側面が知りたかった。いわゆる「治療経過中」のことについては少しも知りたいと思わなかったんです。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧