診断時:24歳
インタビュー時:27歳

1998年に乳がんの診断。乳房温存手術、化学療法、放射線療法。

語りの内容(テキストのみ)

私が思うに、そうですね、誰でも苦しい状況から抜け出すことができるんです。
乳がんは死の宣告という訳じゃ決してありません。他の病気と同じように治療できます。乳がん自体、他のどんなことよりももっともっと最悪だとか、そういうものでもないんです。
それにそうですね、もしがんの恐怖を ―最初にがんだと診断された時の恐怖を― 克服することができたら、そうなったら自分はこれを、死に至る可能性のある病気は別にもいろいろあるけれど、そうならない可能性が大いにある何か別の病気にかかっているんだと考えられるようになるんです。
それに、今では様々な医療を受けることができますしね。利用できる薬や治療法は本当に目覚ましいものがありますから。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧