診断時:59歳
インタビュー時:61歳

1999年に乳がんの診断。乳房温存手術、化学療法、放射線療法、タモキシフェン投与。2000年に非浸潤性乳管がんの診断。再度乳房温存手術、化学療法、放射線療法、タモキシフェン投与。

語りの内容(テキストのみ)

ガンになったことのない人に知っておいてほしいことがあるの。それは、ガン患者は他の人たちに関心を持ってほしいと思っているということなの。
いろいろ質問をしてほしいわ。押し付けがましくてもかまわない。この病気になると、ふれあってくれることがただうれしいの。それは、自分が必要とされ、好意をもたれていて、自分の人生が重要なんだと感じさせてくれるの。生きていてほしいと望まれていると。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧