診断時:59歳
インタビュー時:61歳

1999年に乳がんの診断。乳房温存手術、化学療法、放射線療法、タモキシフェン投与。2000年に非浸潤性乳管がんの診断。再度乳房温存手術、化学療法、放射線療法、タモキシフェン投与。

語りの内容(テキストのみ)

その間は何も食べたくはないと思ったけど、とてもお腹が空いるとわかったの。この吐き気と闘っていることと関係があるかどうかはわからないけれど、いつもお腹がすいていた。そして、吐き気止めのためのステロイドで、体重が増えて、自分が嫌になったわ。それから、だんだん憂鬱になって、ふけていって、太っていった。ただただ横になっていたいだけ。たぶん、化学療法がすすむにつれて、疲れがつのっていったからでしょう。文字通り、ほとんど何も出来なかった。ちょっと郵便局に行って戻るだけでも、疲れて横にならないといられなかったわ。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧