診断時:48歳
インタビュー時:50歳
1999年に乳がんの診断。乳房切除術、タモキシフェン、ゾラデックス投与。

語りの内容(テキストのみ)

乳房再建術を受けようと考えたことはありません。以前と全く同じように見えるようにするのは、とても難しいはずだと思うからです。実際、元通りにはなれないでしょう。私は決して元の自分だとは感じられないでしょう。だから、人工乳房で十分満足です。それに、・・・乳房再建のために筋肉組織をある場所から別の場所へ持ってくるなんて、そんな恐ろしいことはして欲しくありません。人工乳房で十分満足です。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧