診断時:48歳
インタビュー時:50歳
1999年に乳がんの診断。乳房切除術、タモキシフェン、ゾラデックス投与。

語りの内容(テキストのみ)

そこで、私は乳房切除術を受けました。今年の1月で術後1年になりました。手術は成功でした。手術を待っている間に、可能な限り体調を整えようと決意しました。何でもよく食べて身体を動かし、手術を受ける時にも、それ以外にどんな治療を受けることになっても、できるだけ良い状態で臨もうとしたのです。できるだけ体調を整えられれば、手術や治療の負担が少ないかもしれないと考えました。実際、その通りだったと思います。
私は既にスポーツジムへ通っていましたが、定期的に行くように心がけました。週に3回が目標でした。また、果物や野菜をたくさん摂るようにし、脂肪の摂取量を減らそうとしました。総合ビタミン剤やミネラルの服用も始めました。
さらに、私は以前から月経前症候群の症状があったため月見草油を服用していましたが、これはそのまま続けました。また、日頃から自分自身に気を配るように心がけました。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧