乳房切除術

乳房切除術は、通常は乳首も含めて、乳房全部を取り除く手術です。単純乳房切除術は乳房組織と乳首のみを切除しますが、根治的乳房切除術は胸壁の筋肉も切除します。最近は、根治的乳房切除術はほとんど行なわれていません。外科医はまた、通常、腋の下のリンパ節も摘出して、がん細胞が乳腺から外に広がっていないかどうかを調べます(サンプリング、またはセンチネルリンパ節生検)。この検査結果をもとに、医師らは他の治療が必要かどうかを判断します。

手術前に、腋の下(腋窩、えきか)の超音波スキャンをして、リンパ節にがん細胞があるかどうか調べます。リンパ節にがん細胞があると疑われた場合、生検または微細針吸引生検を行ない、病理検査に出します。超音波スキャンもしくは生検によりがん細胞が発見された場合、外科医は、ほとんどにおいて、腋窩リンパ節をすべて取り除くことを望みます。これを腋窩リンパ節郭清(かくせい)(ALND)といい、乳房温存術中に行われます。また、初回手術時のサンプリングやセンチネルリンパ節生検の結果、リンパ節にがん細胞が見つかった場合、2回目の手術時に腋窩リンパ節郭清が行われることもあります。リンパ節にがん細胞が見つかった場合、完全な腋窩リンパ節郭清を行うべきか、術後に放射線療法をするべきかは、臨床的に不確かなところであり、さらなる研究が必要です。

センチネルリンパ節生検は、わずか1~2個のリンパ節を検査するだけで、リンパ節におけるがん細胞の有無を知ることができる検査方法です。センチネルリンパ節生検では、手術前に、がんの部分に微量の放射性液体を注入します。次に、その液体がどのリンパ節に最初に流れついたかを、スキャンして調べます。手術中は、がんの部分に青色色素も注入します。この色素はリンパ節を青く染めます。最初に青く染まったり、放射線を放出したりするリンパ節は、センチネルリンパ節として知られています。外科医は、このセンチネルリンパ節のみを摘出し、そこにがん細胞があるかどうか検査します。

センチネルリンパ節生検は、サンプリングや腋窩リンパ節郭清後に、腕のこわばり、腫れ(リンパ浮腫)といった副作用が起こる可能性を減らします。また、痛みも少なく、手術後、傷口にドレーン(リンパ液をからだの外に出すための管)を入れる必要もありません。病院によっては、外科医は、患者がまだ麻酔下にある間に、リンパ節のがん細胞の有無を検査させ、必要ならば他のリンパ節を全部摘出して、2回目の手術をしなくていいようにすることもあります。
ここでは、乳房切除術を受けた体験について語られています。乳房切除術は、以前は1週間から10日間の入院が必要でしたが、今日では一般的にもっと短期になり、1~2日の入院になります。乳房切除術と同時に乳房再建手術を受ける人は、たいていの場合、もう少し長く入院します。

ある女性たちにとって、腫瘍の大きさとがんのタイプから乳房切除術が最もよい選択肢です。何人かの女性たちは、自分がなぜ乳房切除術を行ったか、そして、その時どのように感じたかについて話していました。

ある女性はパジェット病〈乳首が冒される珍しいタイプのがん〉だったので、この場合は乳房切除術が最もよい選択でした。また、炎症性乳がんという、これもまたまれなタイプのがんになり、乳房切除術を受けた女性も二人いました。

乳房温存手術/乳腺腫瘤摘出術があまり一般的ではなかった15年以上前に乳房切除術を受け、その手術や快復状態に満足している人も数人いました。

両乳房切除術もしくは両側乳房切除術を受けた経験を語った女性もいます。

手術を受ける前の気持ちを語った人が何人かいて、ある人は手術に向けてどのように体調を整えていったか説明しました。また、ドレーンの除去など処置に関すること、あるいは術後の運動について語った人たちもいました。必要な時は鎮痛剤を飲むことを勧めている人たちもいましたが、鎮痛剤は不要だからと拒んだ人もいました。

くの人にとって手術は問題なく終わりましたが、何人かは術中または術後の合併症を経験しました。

術後に空腹を感じたという人、少ししてから疲労感があったという人も数人いました。多くの女性が、身体のイメージが変わってしまったことに関する思いを語りました(ボディイメージを参照)。手術を経験した結果、喪失感を味わった人たちもいて、彼女たちは、肉体的・精神的な回復にかかる時間を見越しておくよう助言していました。

他の患者と会うことによって、心配事を共有できたばかりか、病院での経験を楽しむこともできたという人たちもいました。見舞客や、受け取ったカードやお花も支えになったようでした。病院で受けたケアによって、自分が大事にされ守られている感じがしたという人たちもいました。しかし、入院生活が退屈で、家に帰りたくて仕方がなかったという人たちもいました。

自宅では、ほとんどの人が、家事も含め、重いものを持ち上げるなど、身体に負担の掛かることをしないよう気をつけていると言っていました。最初から手術跡やわきの下に痛みまたは不快感のあった人たちは、鎮痛剤を使用していました。自分でいろいろなことがまたできると感じるまで家族がサポートしてくれたと、多くの人が話しました。ほとんどの患者は、順調に快復して、日常生活に順応することができるようになった。しかし、リンパ浮腫(リンパ浮腫を参照)などで腕に問題があったと語った人たちもいました。子供の世話を抱えた若い母親たちは、とりわけ最初のころは、自宅での生活の大変さを感じたことが多かったようです。

2017年10月更新