診断時 :52歳
インタビュー時:76歳

1977年に乳がんの診断。両側乳房切除術、再建手術。

語りの内容(テキストのみ)

実際に私達が行なったことといえば、輪になって座って、各自の経験を順番に話していくことでした。そうすると参加している皆さんに何が起こっているか理解できます。様々な人々の中に沢山の出来事が起こり、しかも、それらがまた、私達の全てに起きていたことを知って、本当に驚嘆させられました。
ありとあらゆる感情を私達は経験しました――失望感、それに自分が不潔に感じたりもします。とても馬鹿げた感情も存在します。あと知恵として分かる事ですが、これらの感情は辛い経験を通して湧き上がってきているのです。但しその事についてあなたが誰かと語りあったりわかりあえたりすることで気分が晴れたと思います。随分気が楽になっただろうと思います。特に理由もなく憂鬱な気分になることもありましたから。だから
もしあなたが誰かと語り合えたとすると、その行為がとにかく良いことなのだと、伝えたいわ。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧