診断時 :52歳
インタビュー時:76歳

1977年に乳がんの診断。両側乳房切除術、再建手術。

語りの内容(テキストのみ)

そう、私がなによりも最初に思っている事は、わたしの夫が本当に素晴しかったということ。これは言っておかなければいけないわ。でも、外観が醜くなったことを自分の目で見たときは、だれでもそう感じるというわけではないかもしれないけど、その瞬間は落ち込んで、失ったことを嘆き悲しむわ。だって、身体の一部が失われるんですものね。
新聞・雑誌、テレビ画面、どこを見てもボディイメージがあふれているのに、自分のボディイメージが突如奪われることを考えてみるといいわ。トップレスでビーチになんて行きたくもない、そんな感じね・・・。でも今は、それをするチャンスさえ失くしたの。決意する権利さえもどこかへ行ってしまったわ。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧